うるさいだけじゃない、害獣による屋根裏の被害

query_builder 2024/05/05
コラム
59

「夜中に屋根裏からゴソゴソ、ガタガタ足音が聞こえる…」と害獣による騒音被害を受けている方はいらっしいませんか?
でもその被害は「うるさい」だけじゃないんです。
今回は、害獣による屋根裏の被害についてお話していきます。

▼屋根裏に浸入する害獣は?
害獣は夜行性のものが多く、建物内部に侵入されてしまうと「夜中もガタガタ音がして眠れない」と騒音に悩まされます。
屋根裏に浸入する害獣は次のような動物です。

・ネズミ
・ハクビシン
・アライグマ
・コウモリ

雨風をしのげて冬場でもあたたかい屋根裏は、害獣にとって居心地がいいため、通気口や雨どいを伝って侵入します。

▼うるさいだけじゃない、害獣による屋根裏の被害
ハクビシンやアライグマは「一度決めた場所でずっと排泄する」という習性を持っています。
そのため騒音だけでなく、悪臭に悩まされることにもなります。
また、排泄物によって、屋根裏が腐食し天井が抜けてしまうケースもあります。
寄生虫やダニも発生しやすく、病原菌を持っていることもありますので、なるべく早い対策が必要です。

▼まとめ
屋根裏に害獣が侵入してしまうと、うるさいだけでなく糞尿による悪臭や病原菌など、様々な被害を引き起こす恐れがあります。
レスキューハウスでは、些細なことでも遠慮なくご相談いただけるよう、お見積もりやご相談は無料で承っております。
お困りごとに寄り添って柔軟に対応いたしますので、害虫や害獣の被害でお悩みの方はお気軽にお問合せください。

NEW

  • 株式会社アビリティ公式ホームページ開設のお知らせ

    query_builder 2024/03/08
  • ネズミ対策工事を東京でお探しならレスキューハウス

    query_builder 2022/03/18
  • 大阪で害虫駆除業者をお探しなら【レスキューハウス】

    query_builder 2022/03/16
  • 害獣が侵入、屋根裏の糞に潜む危険とは

    query_builder 2024/06/03
  • うるさいだけじゃない、害獣による屋根裏の被害

    query_builder 2024/05/05

CATEGORY

ARCHIVE