ハトにはどのような習性があるの?

query_builder 2023/11/05
コラム
53

ハトにはどのような習性があるのでしょうか。
家にハトを寄せつけないために、習性が知りたい方もいらっしゃいますよね。
本記事ではハトの習性について分かりやすく紹介します。

▼ハトの習性とは?
日本で見られる代表的なハトは、ドバトとキジバトの2種類です。
駅や公園など人間が多い場所で生息しているのがドバトで、日の出とともに活動を始めエサを探します。

ドバトは建物の軒下などに巣を作って集団で眠る生き物です。
一夫一婦で暮らすハトは1年中繁殖でき、何度も産卵します。
生まれた雛が繁殖期を迎えるのは約半年後で、寿命は約10年です。

■ハトによる害が見られた時の対策
繁殖率が高く寿命も長いハトによる、食害・糞害に悩まされている方は少なくありません。
しかしハトは法律により、無許可での捕獲や巣の撤去、駆除が禁止されている生き物です。
帰巣本能が強いという習性もあるため、巣があると必ず戻ってくるでしょう。
ハトによる害が見られた時は、専門の業者に依頼して駆除するのがおすすめです。

▼まとめ
ハトには群れで暮らす習性があり、生まれて半年で繁殖期を迎え、10年ほど生きます。
帰巣本能が強いハトが巣を作ってしまったら、適切な対応をしないと、長く害を受け続けることになるでしょう。
関西および関東エリアでのハト被害でお困りでしたら、「レスキューハウス」が対応を承ります。
相談・見積もりは無料で迅速な対応を行っておりますので、ぜひ実績の多い弊社にご依頼ください。

NEW

  • ネズミ対策工事を東京でお探しならレスキューハウス

    query_builder 2022/03/18
  • 大阪で害虫駆除業者をお探しなら【レスキューハウス】

    query_builder 2022/03/16
  • ハトの糞にはどのような危険性があるの?

    query_builder 2024/02/02
  • ハトによる被害にはどのようなものがあるの?

    query_builder 2024/01/01
  • 手軽にできるハト対策には何があるの?

    query_builder 2023/12/03

CATEGORY

ARCHIVE