イタチの生態について

query_builder 2022/03/09
コラム
2

害獣としても知られるイタチの生態についてご存知ですか。
顔が可愛いため害獣だと知らない方もいらっしゃいますよね。
本記事ではイタチの生態について紹介します。

▼イタチの生態
イタチは雑食性・夜行性の動物で、体長は30センチほどです。
わずか3センチの穴でも通り抜けられ、金網やネットなどがあっても侵入してきます。

イタチは木登りが得意で、小さな隙間があれば家の中への侵入が可能です。
さらにエサを巣穴に持ち帰ったり、同じ場所に糞尿をしたりする性質があります。
性格は凶暴で、近づくと爪や牙を使って攻撃してくるため危険です。

■イタチによる被害
イタチが屋根裏に住み着いてしまい、騒音や糞尿の被害に悩まされている家も少なくありません。
巣穴にエサを持ち帰るため、イタチが家に住み着くと食べ残しの死体が残されてしまい不衛生です。
また野生動物であるイタチには、ノミや病気などを運んでくるというリスクもあります。
イタチに攻撃されたペットが怪我をするケースも多いため、見かけたら気をつけましょう。

▼まとめ
外見は可愛らしいイタチですが、家に住み着くとさまざまな被害が出るおそれがあります。
もしイタチが住み着いてしまったら、なるべく早く害虫駆除専門の業者に連絡して、対応してもらいましょう。
大阪市の「レスキューハウス」では、関西・関東を中心に害虫駆除・害獣駆除を承っております。
見積もりは無料で、経験豊富なスタッフが状況を確認したうえで対応いたしますので、ぜひご相談ください。

NEW

  • ネズミ対策工事を東京でお探しならレスキューハウス

    query_builder 2022/03/18
  • 大阪で害虫駆除業者をお探しなら【レスキューハウス】

    query_builder 2022/03/16
  • ねずみが電気コードをかじる理由とは?

    query_builder 2022/12/01
  • ねずみが食中毒の原因になる理由とは?

    query_builder 2022/11/15
  • ねずみ駆除に適した時期とは?

    query_builder 2022/11/01

CATEGORY

ARCHIVE